アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物 Aspartame · L-phenylalanine compound 아스파탐 L- 페닐알라닌 화합물 Aspartam · L-Phenylalaninverbindung

(人体への影響)要注意×

ショ糖の100倍~200倍もの甘味を持つと言われている人工甘味料で、アメリカでは、アスパルテームを摂取した人々から、頭痛やめまい、視力低下、不眠などが起こったと苦情が寄せられました。2015年に、日本アレルギー学会で、人工甘味料はアレルギー性気道炎症を悪化させるという研究結果が発表されました。2017年4月にアメリカのボストン大学医学部の研究チームが、「アスパルテーム」を含む人工甘味料入りのカロリーオフ系の炭酸飲料を毎日飲むと、飲まない人に比べて脳卒中と認知症のリスクが2~3倍に高まるという研究を発表しました。

(摂取量)体重1kgあたり40mg

一日摂取量の基準値は、体重1kgあたり40mg。(体重50kgの人なら、一日2g)「アスパルテーム」だけでなく、すべての人工甘味料は一日50g以上摂取すると腸から水分が吸収しにくくなり、便秘になる場合があります。

  • 2gはキシリトールガムですと約770粒食べる計算です。

また、「アスパルテーム」は、フェニルアラニンというアミノ酸が主原料となっており、フェニルケトン尿症を患っている方は、上手く代謝できないため摂取してはいけませんフェニルケトン尿症に対する警告として、「L-フェニルアラニン化合物」と併記されています。

(公的調査結果)具体的調査あり

1983年にサール薬品が食品添加物の許可申請を行い、アメリカ食品医薬品局・日本の厚生労働省で使用が認可されました。現在でも各国で様々な健康被害に関する調査が行われていますが、全てが調べられているわけではないです。


国立医薬品食品衛生研究所安全情報部より

(対策)避けた方が良い

このように、「アスパルテーム」は、安全性の論議を繰り返してきた歴史があり、現在では90カ国で使用が認められている食品添加物です。
少量の摂取量だと問題はないかもしれませんが、全く危険性はないとは言い切れません。危険性や安全性の研究もまだ不確定な部分もあるので、できる限り、アスパルテームの摂取を控える方がいいと言えます。砂糖以外で甘みをつける場合には、ラカント、ステビア、トレハロース、ソルビトールなど天然由来の甘味料を使用するようにしましょう。またカロリーゼロ表示の清涼飲料水の飲みすぎに気をつけましょう。

(使用する目的)甘み

血糖値を上昇させずに甘みを出す事ができるため、糖類の摂取を控えたい方でも使用できるそうです。原材料がアミノ酸のため、砂糖と違って虫歯などにもなりにくい傾向にあります。そのため、虫歯やダイエットなどで広告される事がありますが、この添加物自体に虫歯除去や痩せる効果があるのではなく、一時的に甘みの満足感を与えるだけ、ということを忘れてはいけません。摂取のし過ぎは体が害することも忘れない様にしましょう。

(摂取量が多くなりそうな製品)加工食品

■カロリーゼロの飲料、ガム、プロテイン、清涼菓子、タブレット、キャンディー、コーヒーや紅茶用の「カロリーオフシュガー」など。

類似成分

  1. アジピン酸 Adipic acid  아디프 산 Adipinsäure

  2. 香料 Perfume 향료 Parfüm

  3. カロテノイド色素(カロチノイド色素、カロチン、カロテン) 카로테노이드 색소 Carotinoid-Pigment

  4. コハク酸 Succinic Acid 호박산 Bernsteinsäure

  5. pH調整剤 pH regulator pH 조절제 pH-Regler

  6. アセスルファムK(アセスルファムカリウム)astel-cam-potassium 아세 술팜 칼륨 Acesulfam-Kalium

  7. レシチン lecithin 레시틴 Lezithin

  8. Lー酒石酸 L(+)-Tartaric Acid L- 주석산 L-Weinsäure

  9. Lー酒石酸ナトリウム Sodium L(+)-Tartrate L 자 주석산 나트륨 L-Natriumtartrat

  10. 乳酸 Lactic Acid 유산 Milchsäure

  11. コハク酸二ナトリウム(Na)Disodium Succinate 호박산 나트륨 Dinatriumsuccinat 

  12. フマル酸 Fumaric Acid 푸마르산 Fumarsäure

  13. ショートニング shortening 쇼트닝 Verkürzung

  14. 着色料 Coloring 착색료 Färbung

  15. グルコン酸ナトリウム(Na) Sodium Gluconate 글루 콘산 나트륨 Natriumgluconat