Lー酒石酸 L(+)-Tartaric Acid L- 주석산 L-Weinsäure

(人体への影響)良いも悪いもあり

判定の根拠
■国認定の機関によるADI判定の有無と数値
■海外認定の機関によるADI判定の有無と数値
■その他の機関による調査有無と数値
詳しい内容は、記事の下に書いてあります。
L-酒石酸とは?

L-酒石酸は、自然界にある果実、特に葡萄、ワインに含まれる酸味のある物質です。ポン酢の代替えとして使われる事がある。刺激性が強いため敏感肌の人は肌接触には気をつけた方が良い。

表示は「L-酒石酸」「酒石酸」と記載されている事もあるが、主に「拡張剤」「酸味料」、「水素イオン濃度調整剤」又は「pH調整剤」などと一括表示されている事が多い

使用する目的:酸味、製品加工の向上
■やや渋みと収斂味のある酸味を添加します

 

対策:基本的には気にする必要がない
ADIの設定されておらず、国内国外問わず安全性は確保されています。

 

接触が多くなりそうな製品
■ベーキングパウダー
■清涼飲料水やゼリー

 

L-酒石酸の判定根拠

L-酒石酸はADIの設定はありません。

■国内のADI判定の有無と数値
特別国内専用の調査はない。FAO/WHO JECFAの基準に準じる。
(内閣府・厚生労働省 調査)

■海外のADI判定の有無と数値(1977年調査)
酒石酸に準じて安全性を確認しておりADIが設定されていません。
L(+)-酒石酸として。L(+)-酒石酸並びにそのナトリウム,カリウム及びカリウムナトリウム塩と扱いは同等とする。
(FAO/WHO JECFA調査)

■幼小児期の食品添加物のアレルギー疾患に対する安全性評価
~アトピー性皮膚炎について~
(2003年調査)
L-酒石酸は接触性皮膚反応を増強し、また慢性皮膚炎の発症ならびに症状の進展を増強したことから、アトピー性皮膚炎の病態を修飾する可能性が示唆された。
名古屋市立大学大学院薬学研究科 調査)

まとめ:具体的にどれくらいの摂取量が良いの??

L-酒石酸の摂取量
ADIが設定されておらず、安全としています。そもそもあまり使われる事がない物質なので、生活での積極的な摂取や回避は気にする必要はない。

類似成分

  1. 酒精(エチルアルコール、エタノール)Alcohol 알콜 Alkohol

  2. 乳酸 Lactic Acid 유산 Milchsäure

  3. 醸造酢 Brewed vinegar 양조 식초 Gebrauter Essig

  4. アナトー色素 Anato dye 아나 토 색소 Annatto Farbstoff

  5. コハク酸二ナトリウム(Na)Disodium Succinate 호박산 나트륨 Dinatriumsuccinat 

  6. アセスルファムK(アセスルファムカリウム)astel-cam-potassium 아세 술팜 칼륨 Acesulfam-Kalium

  7. アジピン酸 Adipic acid  아디프 산 Adipinsäure

  8. DL-酒石酸 DL-Tartaric Acid DL- 주석산 DL-Weinsäure

  9. ガゼイン・ガゼインナトリウム・ガゼインNa Casein 가제 Kasein

  10. 加工デンプン(でんぷん、澱粉、でん粉)processed-starch 가공 전분 Stärke

  11. Lー酒石酸ナトリウム Sodium L(+)-Tartrate L 자 주석산 나트륨 L-Natriumtartrat

  12. 氷酢酸(酢酸) Acetic Acid 빙초산 Eisessig

  13. グルコン酸ナトリウム(Na) Sodium Gluconate 글루 콘산 나트륨 Natriumgluconat

  14. 酢酸トコフェロール tocopherol-acetate 초산 토코페롤 Tocopherolacetat

  15. 酸味料 acidulant 산미료 Säuerungsmittel