食塩 salt 소금 Salz

(人体への影響)少し注意が必要△

人は体の約0.85%が塩分で出来ており、この塩分量を維持できない場合、吐き気や精神異常などを起こすため、生きるために大事な栄養素と言えます。ただ、日本食はもともと塩分が多く、運動や猛暑などで大量の汗を一度にかかない限り、この様な状況にはならないと考えられています。逆に、現代では塩分を摂りすぎている場合が多く健康を害しています。血管の抵抗が高くなり、血圧が上がりやすくな理、血管が傷み、心血管疾患(心肥大や心不全などの心臓病)、脳血管疾患(脳梗塞などの脳卒中)などのリスクが高くなります。

(摂取量)男性:8.0g未満 女性:7.0g未満

★健康な成人の場合の一日の食塩摂取量:
男性 : 8.0g未満  女性 : 7.0g未満
(2015年4月からの厚生労働省推奨食塩摂取量の目標量)

★高血圧の治療を要する人:
6g以下  (高血圧治療ガイドライン2014年版より)

★腎臓疾患者の場合:3~6g以内
(厚生労働省 慢性腎臓病(CKD)PDF資料より)

世界保健機関(WHO)世界の人の減塩目標は、5 gです。

ポテトチップス1袋で1g程度と言われています。
ケーキ1個で0.7g程度と言われています。
ハンバーグ1個で1.5g程度と言われています。
ラーメン1杯で6g程度と言われています。
ハンバーガー1個で1.5g程度と言われています。
カレー1杯で2g程度と言われています。

(公的調査結果)具体的調査あり

厚生労働省による健康(推奨食塩摂取量の目標量)に対する調査がされています。

(対策)取りすぎに注意

体に必要な栄養素ですが、現代では取り過ぎになりやすい食生活の方が多いとされています。暴飲暴食や濃い味付けに注意し生活しましょう。
減塩も大事ですが、塩分の取りすぎを調整してくれるカリウムなど、ミネラル成分が多く含まれる天然塩を摂取するとコントロールしやすいと言われています。

(使用する目的)塩気・保存

食品に対して塩味をつける、PH調整、殺菌・防腐、発色の劣化を防ぐなどの目的で使用される。

(摂取量が多くなりそうな製品)菓子類

食品のほとんどに使用されている。
■塩見の強いスナック菓子
■濃い味が美味しい外食

類似成分

  1. 酒精(エチルアルコール、エタノール)Alcohol 알콜 Alkohol

  2. 二酸化炭素(炭酸ガス) Carbon Dioxide 이산화탄소 Kohlendioxid

  3. フマル酸 Fumaric Acid 푸마르산 Fumarsäure

  4. BG(1,3‐ブチレングリコール)1,3-butylene glycol 1,3- 부틸 렌 글리콜 1,3-Butylenglykol

  5. アナトー色素 Anato dye 아나 토 색소 Annatto Farbstoff

  6. スクラロース sucralose 수크랄로스 Sucralose

  7. グルコノデルタラクトン(グルコノラクトン) Glucono delta lactone 구루 노 델타 락톤 Glucono-Delta-Lacton

  8. 乳酸ナトリウム(Na) Sodium Lactate 젖산 나트륨 Natriumlactat

  9. 着色料 Coloring 착색료 Färbung

  10. アジピン酸 Adipic acid  아디프 산 Adipinsäure

  11. 乳酸 Lactic Acid 유산 Milchsäure

  12. 醸造酢 Brewed vinegar 양조 식초 Gebrauter Essig

  13. コハク酸二ナトリウム(Na)Disodium Succinate 호박산 나트륨 Dinatriumsuccinat 

  14. グルコン酸ナトリウム(Na) Sodium Gluconate 글루 콘산 나트륨 Natriumgluconat

  15. カロテノイド色素(カロチノイド色素、カロチン、カロテン) 카로테노이드 색소 Carotinoid-Pigment