二酸化ケイ素(酸化ケイ素)silicon-dioxide 이산화 규소 Siliziumdioxid

(人体への影響)少し注意が必要△

二酸化ケイ素、シリカとも言い、日本における食品添加物として厚生労働省よりの使用が認められています。食品添加物として利用される非結晶性のシリカは、「無水ケイ酸」とも呼ばれ不溶性で、体内で消化吸収されず排出されるため身体に害はないと言われています。しかし体が未発達な乳幼児・幼児は摂取しないようにと告示されています。

(摂取量)具体的基準なし

ろ過助剤の目的以外の使用不可で、最終食品の完成前に除去することとなっているため含まれていません。
微粒二酸化ケイ素は、製品の2.0%までと使用量が規定されているため、通常の生活習慣の中では多量に摂取することはないでしょう。


(公的調査結果)具体的調査あり


厚生労働省から使用目的や使用量について明確に定められています。

(対策)乳幼児・幼児は気をつけて

体内で消化吸収されず排出されるため、特に対策は必要ないが、詳しい研究がされていないのも否めない。そのため、体が未発達な乳幼児・幼児は摂取しないようにと厚生労働省からも告示されています。

(使用する目的)湿気対策・製造

吸着性を利用してビールや清酒、みりんといった醸造物や食用油、醤油、ソースなどのろ過工程に使われるほか、砂糖、缶詰などの製造工程にも用いられています。(これらは完成時には全て除去するように定められている)微粒二酸化ケイ素は吸湿・乾燥材としても使用される。とくにふりかけなどの粉形食品には湿気って“ダマ”になるのを防ぐ目的で添加されることがあるが、厚生労働省の告示の中で「母乳代替食品及び離乳食に使用してはならない」と使用基準が示されています。

(摂取量が多くなりそうな製品)加工食品

微粒に含んでいる製品もあるが、製品に残留しない様、決められているため、基本的に大量摂取につながる物はないとされている。

類似成分

  1. カロテノイド色素(カロチノイド色素、カロチン、カロテン) 카로테노이드 색소 Carotinoid-Pigment

  2. コハク酸 Succinic Acid 호박산 Bernsteinsäure

  3. 酢酸ナトリウム(Na) Sodium Acetate 아세트산 나트륨 Natriumacetat

  4. セルロース cellulose 셀룰로오스 Cellulose

  5. Lー酒石酸ナトリウム Sodium L(+)-Tartrate L 자 주석산 나트륨 L-Natriumtartrat

  6. スクラロース sucralose 수크랄로스 Sucralose

  7. クエン酸 citric acid 구연산 Zitronensäure

  8. グルコノデルタラクトン(グルコノラクトン) Glucono delta lactone 구루 노 델타 락톤 Glucono-Delta-Lacton

  9. 加工デンプン(でんぷん、澱粉、でん粉)processed-starch 가공 전분 Stärke

  10. 植物油脂(植物油) vegetable oil 식물성 유지 Pflanzenöl 

  11. 酒精(エチルアルコール、エタノール)Alcohol 알콜 Alkohol

  12. アジピン酸 Adipic acid  아디프 산 Adipinsäure

  13. 香料 Perfume 향료 Parfüm

  14. ソルビトール(ソルビット)sorbitol 소르비톨 Sorbit

  15. 二酸化炭素(炭酸ガス) Carbon Dioxide 이산화탄소 Kohlendioxid