醸造酢 Brewed vinegar 양조 식초 Gebrauter Essig

(人体への影響)摂取した方が良い

判定の根拠
■国認定の機関によるADI判定の有無と数値
■海外認定の機関によるADI判定の有無と数値
■その他の機関による調査有無と数値
詳しい内容は、記事の下に書いてあります。
醸造酢とは?

醸造酢とは、醸造のみによって作られた酢で栄養価が高く、疲労回復、血糖値の正常化、抗菌、腸内環境改善など健康食品としても流通している。化学物の添加はなく、穀物酢、果実酢などとも表記される。

使用する目的:食感、味、消臭、保存など
酸味のための味付けや、ぬめり、臭み取り、柔らかくしたり保存を利かすために使われます。

 

対策:特に必要はない
濃度を薄めた上で、積極的に摂取するのが望ましい。摂取後は歯のエナメル質を酢酸から守るため、軽く口をゆすいだ方が良いでしょう。

 

接触が多くなりそうな製品
飲用に飲みやすく加工しているものも多く販売されている。加工ものには添加物が付き物なので、健康意識の高く持つのならば、特に加工されていない醸造酢を薄めてはちみつはどと混ぜて飲むと良いとされている。ザクロ酢など色々な種類があるので探してみるのも面白いでしょう。
醸造酢の判定根拠

醸造酢は安全性が高いため一日摂取許容量(ADI)などが設定されていません。

■国内のADI判定の有無と数値(調査するまでもなく履歴なし)
安全性が認められているためADIが設定されていません。
(内閣府・厚生労働省調査)

■海外のADI判定の有無と数値(調査するまでもなく履歴なし)
安全性が認められているためADIが設定されていません。
(FAO/WHO JECFA調査)

■多数の企業・機関の調査により健康効果が認めらている
血圧抑制効果、疲労回復、血糖値の正常化、抗菌、腸内環境改善などが期待できる。
(多数調査報告あり)

まとめ:具体的にどれくらいの摂取量なの??

醸造酢の摂取量
日本人の平均体重から算出しています。
大さじ1杯(約15ml)の摂取で血圧抑制効果、疲労回復、血糖値の正常化、抗菌、腸内環境改善などが期待できるとされています。
飲み過ぎによる胃の荒れなどが報告されているため、適度な量を毎日飲むと良いでしょう。

類似成分

  1. 酒精(エチルアルコール、エタノール)Alcohol 알콜 Alkohol

  2. 植物油脂(植物油) vegetable oil 식물성 유지 Pflanzenöl 

  3. ガゼイン・ガゼインナトリウム・ガゼインNa Casein 가제 Kasein

  4. 乳酸 Lactic Acid 유산 Milchsäure

  5. Lー酒石酸ナトリウム Sodium L(+)-Tartrate L 자 주석산 나트륨 L-Natriumtartrat

  6. グルコン酸 gluconic acid 글루 콘산 Gluconsäure

  7. BG(1,3‐ブチレングリコール)1,3-butylene glycol 1,3- 부틸 렌 글리콜 1,3-Butylenglykol

  8. グルコノデルタラクトン(グルコノラクトン) Glucono delta lactone 구루 노 델타 락톤 Glucono-Delta-Lacton

  9. pH調整剤 pH regulator pH 조절제 pH-Regler

  10. DL-酒石酸 DL-Tartaric Acid DL- 주석산 DL-Weinsäure

  11. フマル酸 Fumaric Acid 푸마르산 Fumarsäure

  12. セルロース cellulose 셀룰로오스 Cellulose

  13. 無機塩 Inorganic salt 무기 염 Anorganisches Salz

  14. クエン酸三ナトリウム Trisodium citrate 구연산 세 나트륨 Trinatriumcitrat 

  15. レシチン lecithin 레시틴 Lezithin