フマル酸 Fumaric Acid 푸마르산 Fumarsäure

(人体への影響)良いも悪いもあり

判定の根拠
■国認定の機関によるADI判定の有無と数値
■海外認定の機関によるADI判定の有無と数値
■その他の機関による調査有無と数値
詳しい内容は、記事の下に書いてあります。
フマル酸とは?

フマル酸は、自然界でもケマンソウやキノコなどに多く含まれ、人の皮膚再生や体の代謝を担う物質の1つです。体に蓄積することはないとされ安全性も確認されており、食品だけに問わず様々な商品に使用してもOKとされています。体内では、代謝過程で重要な役割を果たしており、生きていく上で重要な成分といえます。

表示は「フマル酸」と記載されている事もあるが、主に「酸味料」、「水素イオン濃度調整剤」又は「pH調整剤」などと一括表示されている事が多い

使用する目的:酸味、治癒、生産性の向上
■酸味を添加します
■病(乾癬)の治療
■農薬の成分の一部

 

対策:故意な過剰摂取以外は気にする必要がない
ADIの設定されておらず、国内国外問わず安全性は確保されています。小さな肌刺激。過剰摂取した場合には、副作用として腎臓や腸の障害、皮膚の紅潮、長期間の使用による白血球数の減少が認められるとされているが通常生活で特段機にする必要はない。

 

接触が多くなりそうな製品
■飲料やベーキングパウダー
■病(乾癬)の薬
■農薬

 

フマル酸の判定根拠

フマル酸はADIの設定はありません。

■国内のADI判定の有無と数値
特別国内専用の調査はない。FAO/WHO JECFAの基準に準じる。
(内閣府・厚生労働省 調査)

■海外のADI判定の有無と数値(1990年調査)
副作用の懸念から1974年にADI判定されていた履歴はあるが、その後の研究により安全性が認められているため、現在はADIが設定されていません。
(FAO/WHO JECFA調査)

まとめ:具体的にどれくらいの摂取量が良いの??

フマル酸の摂取量
ADIが設定されておらず、既に私達の体で常に循環している成分のため、生活での積極的な摂取や回避は気にする必要はない。しかし、塩分などと同じで。必要以上の摂取は体を害すので、異常利用には気をつけなければならない。

類似成分

  1. ガゼイン・ガゼインナトリウム・ガゼインNa Casein 가제 Kasein

  2. カロテノイド色素(カロチノイド色素、カロチン、カロテン) 카로테노이드 색소 Carotinoid-Pigment

  3. pH調整剤 pH regulator pH 조절제 pH-Regler

  4. 無機塩 Inorganic salt 무기 염 Anorganisches Salz

  5. アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物 Aspartame · L-phenylalanine compound 아스파탐 L- 페닐알라닌 화합물 Aspartam · L-Phenylalaninverbindung

  6. クエン酸 citric acid 구연산 Zitronensäure

  7. BG(1,3‐ブチレングリコール)1,3-butylene glycol 1,3- 부틸 렌 글리콜 1,3-Butylenglykol

  8. コハク酸 Succinic Acid 호박산 Bernsteinsäure

  9. 乳酸ナトリウム(Na) Sodium Lactate 젖산 나트륨 Natriumlactat

  10. グルコン酸 gluconic acid 글루 콘산 Gluconsäure

  11. グルコノデルタラクトン(グルコノラクトン) Glucono delta lactone 구루 노 델타 락톤 Glucono-Delta-Lacton

  12. アセスルファムK(アセスルファムカリウム)astel-cam-potassium 아세 술팜 칼륨 Acesulfam-Kalium

  13. 氷酢酸(酢酸) Acetic Acid 빙초산 Eisessig

  14. 酢酸トコフェロール tocopherol-acetate 초산 토코페롤 Tocopherolacetat

  15. アジピン酸 Adipic acid  아디프 산 Adipinsäure